「あったかルームシューズ」作り

毎回大好評のKLIPPANブランケット生地の端切れを活用した、ルームシューズ作り。これまでは素肌に気持ちいいシュニールコットンブランケット生地で春夏向けのものを作ってきましたが、今年はウール生地を組み合わせ、冬に活躍する「あったかルームシューズ」を作ります。

KLIPPAN日本総輸入元のエコンフォートハウスでは、ブランケット類の端生地が多く存在します。新作の輸入にあたり一部を切り取り検査に出した残り、生地の見本、傷などがあり返却されたもの。天然素材にこだわったこの上質な生地たちを、そのまま捨ててしまうにはあまりにももったいない。
使える形にして、必要としてくださる方に、喜んで使っていただき、サスティナブル社会に少しでも貢献したい、という想いから生まれているワークショップです。

本体部分には、2つのストール生地を組み合わせデザイン、底には地厚なウールブランケットの生地見本を挟みしっかり保温性を、また中生地には起毛させた肌ざわりの良いライトコットン生地、と3種の生地をぜいたくに使用。
KLIPPANのウールブランケットは、原毛から毛糸を紡ぎ、染色、織りまで、一貫して自社工場で製造。天然素材にこだわり、ナチュラルに紡いだ毛糸はヒツジの油分であるラノリンをたっぷり含み、これが温かさや汚れをはじく効果につながります。
温かさに定評のあるこのウール素材をルームシューズにすることにより、その良さをより感じていただけます。

講師はコットンの時と同じく、当店ワークショップに毎回ご尽力いただいている清宮満里子先生。生徒さんたちの出来上がった作品への満足度が非常に高く、皆さんが笑顔になってしまう講座をいつも開催してくださっており、初めての方でも不安なくご参加いただけます。

KLIPPAN生地をこれだけぜいたくに使えるもの、KLIPPAN日本総輸入元のecomfortHouseならでは。
参加者の方々と一緒におしゃべりし、Fika(スウェーデン流ティータイム)を楽しみながら、手縫いでちくちくと縫っていきます。世界に2つとないオリジナルシューズでこの冬、足元からあったかくなりませんか?

★生地は上記A)〜D)よりお選びいただけます。
★かかと部分には無地のブルーとグレーを採用。
★中生地はすべて「ストライプス ブラック」となります。
★柄の出方についてはこちらで決めさせていただきます。
★サイズは小さめ(22.5〜24cm)と大きめ(24〜26cm)の2パターンをご用意
★小さいサイズは24cmでぴったりくらいですので、厚手の靴下を履く方などはご注意ください。

●会場: ecomfortHouse(エコンフォートハウス)
  東京都渋谷区神宮前5-38-15 1F
●日時: 11月29日(金) (1) 10:00 - 13:00
  11月30日(土) (2) 10:00 - 13:00
    (3) 14:00 - 17:00
  定員8名(※要予約)
●参加費: 6,500円
●持ち物: 指抜き、糸通し
●講師: 清宮 満理子先生
●申込方法: お名前・ご希望の日時・ご連絡先(日中ご連絡がとれる電話番号)、ご希望の柄、サイズ(小、大)を明記の上、customer@ecomfort.jpまでお申込みください。
電話からもお申込みいただけます。(03-6805-1282)
(ご希望の柄は先着順とさせていただきます)
●お問い合わせ・申し込み先: エコンフォートハウス(担当: 宮下、今井)