8月9日はムーミンの日 MOOMIN ムーミン×サスティナブルな暮らしの道具

2020年は「ムーミン75周年」

ご存知ですか?8月9日はムーミンの日です。2006年のムーミン60周年を機に、もっとムーミンを知ってほしいという思いから、ムーミンの生みの親、トーべ・ヤンソンの誕生日をムーミンの日と定めたそうです。そして今年2020年は、最初の小説『小さなトロールと大きな洪水』が1945年に発表されてから「ムーミン75周年」という記念すべき年でもあります。

ムーミンのイメージ

トーベの「ムーミンの世界」はアートです

トーベ・ヤンソン

トーベ・ヤンソン

日本での人気は、1967年〜72年、そしてその後の91年のテレビアニメ化。しかし、日本ではテレビアニメのイメージばかりが定着、テレビアニメの再放送だけに頼るばかりで、ムーミンの人気は目に見えて低迷していったそうです。

ムーミン・キャラクターズの会長であり、トーベ・ヤンソンの姪であるソフィア・ヤンソンは、アニメ化されたムーミンがトーベの描いたものとは違う設定がされたり、出回ったりすることを悲しみ、「ムーミンの世界をトーベのアートに絞る」と決意。2011年春、日本を訪れていたソフィアさんは、エコンフォートハウスを訪問、これからのムーミンに対する熱い思いを私たちに語っていたことを思い出します。日本の北欧ブームも手伝って、いつしかムーミンは「アートとしてのムーミン」として日本のファンに受け入れられ、幅広い年齢層から支持されるようになりました。

トーベ・ヤンソンの姪 ソフィア・ヤンソン

トーベ・ヤンソンの姪
ソフィア・ヤンソン

自然と生きるフィンランド

森と湖の国フィンランドで誕生したムーミン。ムーミン物語において「自然」は大きなテーマの1つ。フィンランドの国土面積に占める森林面積が約7割で世界第1位の森林国。また、約18万もの島を有しており、フィンランド人は夏を島で過ごすことも多いのです。トーベも幼い頃、夏を島で過ごし、晩年は、パートナーとともに小さな島で暮らしました。優しくもあり、厳しくもある自然は、学びの宝庫。自然がいつも身近にある―それがフィンランド。

フィンランドの自然

パッケージなしの野菜や果物パッケージなしの野菜や果物
販売は 当たり前

ヘルシンキを縦横に走るトラムヘルシンキを縦横に走るトラム

アテネウム美術館アテネウム美術館

ムーミン×サスティナビリティ

アートとしてのムーミン、そして自然というテーマ。無駄・無理を省き、シンプル、自然との共生。ムーミンの世界はサスティナビリティの原点だとも言えます。アニメに頼った大量生産・大量消費ではなく、暮らしに本当に必要なモノ、実用的でかつ地球環境にできるだけ負荷をかけないモノにムーミンデザインを施し、お届けしています。エコンフォートハウスのムーミンコレクションは天然素材100%、北欧生まれのふきん「e.スポンジワイプ」、セルロース100%スポンジ「e.ポップアップスポンジ」。どちらも土に埋めれば地球に還る、サスティナビリティな暮らしの道具です。
家事は毎日のこと。だから、今より快適に、楽しく、そして地球環境の配慮になるなら…。
ムーミンの暮らしの道具からまずはサスティナブルアイテムを使ってみませんか。大好きなムーミンたちが暮らしをサポート、ふきんもスポンジもキッチンや水回りで大活躍します。「サスティナブルアイテムって、こんなに使いやすかったんだ」、「思っていたより実用的」。
そんな発見を、ぜひムーミンと一緒に楽しんでみてください。

目覚めるとジャングル

「目覚めるとジャングル」2014年
テキスタイルデザイナー、青山佳世が描いたエコンフォートオリジナルデザインのムーミン

e.スポンジワイプ

1949年にスウェーデンで誕生してから71年、北欧家庭の定番ふきんです。木の端材から採れる繊維素(=セルロース)が主原料、天然素材100%。水に濡らして、軽く絞ってから使います。吸水力抜群、乾きが速くて衛生的です。片手でも簡単に絞れる使い勝手の良さで人気。トーベ・ヤンソンが描いた素朴で独特な世界観を新たな形で蘇らせたムーミンのスポンジワイプコレクション。自然とともに生きる、あるがままを受け入れるムーミン谷の暮らしはフィンランドの人々の原点そのもの。半世紀以上たった今も輝き続けるムーミンの世界、いつもそばにいてほしいムーミンの暮らしの必需品。

e.スポンジワイプ木から生まれたスポンジイプは抜群の吸水力

e.スポンジワイプ使用例水切りマットとしても人気です

Sサイズ

水切りサイズ

e.ポップアップスポンジ

廃材などから採れる木の繊維素(=セルロース)を100%使った天然素材のスポンジです。水を含むとぷくぷく膨らみ、厚さ2cmになります。柔らかく、吸水・速乾力抜群。泡持ちが良く、食器・グラス・漆器などを優しく洗い上げます。ムーミン、ムーミンパパ、ムーミンママ、リトルミイ、スナフキン、スニフのシルエットスポンジはキャラクターごとにサイズが異なるので、リトルミイ、ムーミン、スナフキン、スニフの小ぶりサイズは食器洗いや洗面台のお掃除に、ムーミンママ、ムーミンパパは大きめサイズなので浴室、浴槽などのお掃除に。おうちのあちこちでムーミン谷の仲間たちが大活躍!

e.ポップアップスポンジ水にぬらすとムーミンもミイも約2cmに
大きく膨らみます

e.ポップアップスポンジの使用例キッチンスポンジをナチュラルに
変えましょう!

エコンフォートハウスには、
この他にもサスティナブルでアート性の高い
ムーミンアイテムありますよ。

KLIPPAN

同じ北欧スウェーデンのKLIPPANはムーミンデザインを度々採用しています。
自然に育った羊からの、ナチュラル100%素材です。

ウール シートブランケット

自然を愛し、アウトドアが大好きなスウェーデン人ならではの発想で生まれたアイテム。くるくるとコンパクトにまるめて持ち運べます。

ひんやり冷え込む秋からのスポーツ観戦や山歩き、
キャンプなどのアウトドアイベントのおともに、
移動中には車のシートとしてもおすすめ。
ダイニングのイスやリビングルームのソファの座面のほか、
壁がけにして、アートとしても楽しめます。

フェルトバッグ・フェルトポーチ

KLIPPANのフェルトアイテムは伝統的なフェルト技術によって地域の雇用を増やし、貧困から救うことを目的として、ネパールでひとつひとつていねいに手づくりされています。ひとりの職人さんが1日に作れるのは、フェルトバッグは3つ、フェルトポーチは6つだけ。手仕事のあたたかみがあふれる逸品です。

A4書類が入ります、タブレット入れにも。

デジカメケースとして重宝します。

ムーミンに会いに行こう

ムーミンバレーパーク

新型コロナウイルスの影響で休園していた「ムーミンバレーパーク」も、営業時間を短縮して開園中。エコンフォートハウスのムーミンe.スポンジワイプ、e.ポップアップスポンジもパーク内のお店で販売いただいています。来園の際は、ぜひチェックしてみてくださいね。

<営業時間>
平日:10:00〜17:00
土日祝:10:00〜18:00

※新型コロナウイルスのため、必ず最新開園情報を確認して、感染対策をしてお出かけください。

詳しくはコチラ

ムーミン展 開催情報

「これまでにないムーミン原画展」と題し、今年、全国主要都市でムーミン展が開催されます。限定商品の販売などもあり、ムーミンファンにとっては嬉しい巡回展!大好きなムーミンのあれこれがたのしめる。さあ、あなたの町に来てくれるかな?

あべのハルカス美術館 2020年7月4日(土)〜2020年8月30日(日)
札幌芸術の森美術館 2020年9月12日(土)〜2020年11月3日(火・祝)
熊本市現代美術館 2020年11月14日(土)〜2021年1月11日(月・祝)
静岡県立美術館 2021年1月23日(土)〜2021年3月14日(日)

詳しくはコチラ

参考:moomin.com