STYLE JAPANで楽しむ夜長の秋と冬

ecomfortアイテムで楽しむ夜長の秋と冬

「長き夜や千年の後を考へる」子規
長き夜に、喧騒から離れ、遠い遠い時や場所に思いをはせる。

秋の訪れ、一日が短くなり、家の中でゆったり過ごす時間が長くなりましたね。そんな夜は、思う存分読書をしたり、 ゆっくりお風呂につかったり・・・心も体もほっこりあたたかくしたいですよね。

      

今回は、そんな夜長の過ごし方をご紹介します。

夜長をどう過ごす? その1
香りを聞いてココロを休める

お香は奈良時代から楽しまれていますが、近年その効能が証明され見直されています。よい香りは、心を落ち着けたり、体調をよくしたり、ストレスを軽減してくれたりもします。天然の香り成分が大脳辺縁系へ伝わり、自律神経を整え、ホルモン分泌を促し免疫力を高める働きをしてくれるのです。

また、西洋のアロマやディフューザーと異なり、香道では香りを「嗅ぐ」ではなく「聞く」・・・
心を傾けて香りを聞く、心の中でその香りをゆっくり味わうという意味だとか。香炉がなくても簡単に香りを聞くことができるアイテムをご紹介します。

夜長をどう過ごす? その2
お風呂でゆっくりカラダをほぐす

暑くてシャワーだけだった夏が終わりました。秋冬はゆっくり自分のカラダと向き合いたいですね。長めのお風呂で、疲れや冷え、固くなった筋肉を、ゆっくりほぐしましょう。浴室の照明のかわりにキャンドルをともして、天然の入浴剤で深呼吸しながらリラックスしてください。

夜長をどう過ごす? その3
電気を消して、好きな音楽に酔う

窓に映る夕焼け、薄ぼんやりと見える室内のモノたち、遠くで虫の音、 道を歩く人たちの声・・・照明を消してはじめて見えてくるもの、聞こえてくるものがあります。ワインをグラスに注ぎ、しばらく聞かなかった好きな音楽をかけ、キャンドルに火を灯す。いつもと違うゆったりの宵をこころゆくまでたのしんでください。

夜長をどう過ごす? その4
あったかアイテムを身にまとう

冷えた体をあたためると、心がほぐれていくようです。
スウェーデン王室御用達のブランド「エングモ デューン」のダウンソックスを使えば、足先の冷えに悩むことがありません。お風呂上がり足をそっと忍ばせれば、いつまでもホカホカ、あたたかさをキープしてくれます。

ecomfortアイテムとともに、夜長の秋、そして冬を楽しんでください。