夏を元気に過ごす! 決め手は上質な睡眠、上質な肌掛け

夏は一年中で一番疲れる季節です。真夏の太陽と冷房から排気される温風で都市はヒートアイランド化。私たちは屋外では熱を浴び、室内で強烈な冷房に さらされて体温調節機能に赤信号・・・専門家によると夏の疲れは運動量ではなく脳の疲弊が原因。脳を回復させるには、上質な睡眠が一番だそうです。

KLIPPAN オーガニックシュニールコットンブランケットで上質な睡眠をとって酷暑の夏をのりきりましょう!

KLIPPAN オーガニックシュニールコットンブランケットはこちらから

毎日、熱帯夜が続いています。熱帯夜とは夜間から翌朝にかけての最低気温が25℃以上の夜のことです。熱帯夜が続いて上質な睡眠がとれないと元気が回復しません。上質な睡眠をとるには快適な室内環境整えることが大切です。

夏の寝室を快適にするために

快適な室内環境を整えるためにエアコンや扇風機を使いましょう。ネットには、上質な睡眠をとるための様々な情報が出ています。例えば日本生活習慣病予防協会サイトには[夏の夜を乗り切るためのポイント]が紹介されています。
ポイントのひとつ「室温と湿度を調節する」では、「室温26℃、湿度60%前後が適している。冷房で快適な室温と湿度を維持し、寝具も季節にあった快適なものを選ぶ」とアドバイスしています。

酷暑の夏を乗り切る快適な夏掛け KLIPPANオーガニックシュニールコットンブランケット KLIPPAN オーガニックシュニールコットンブランケットはこちらから

2013年、KLIPPANはシュニールコットンブランケットをオーガニックに切り変えました。すべてGOTS認証のオーガニック糸を使用しています。シュニールコットンの気持ち良さと安心安全をお届します。


色は、見た目に涼しいホワイト、ブルー、落ち着いたベージュからダークカラーまでご用意しました。寝具に最適な、シングルサイズはすべて140×180センチ。洗濯機でジャブジャブ洗ってもへたらないブランケットです。タオルケットのよれよれ感の無いシュニールコットンブランケットで寝室のインテリアを整えませんか?

質の良い睡眠のためにKLIPPANブランケットを室内環境タイプ別にご紹介します。

シュニール糸を使ったブランケットは2種類あります。

シュニールコットンブランケット シュニールコットンブランケットはこちらから
1枚のブランケットで寝室のインテリアを変える

シュニ―ルコットンの比率が高く、冷房からの風もしっかり守ってくれる厚みです。リバーシブルで2つのカラーを楽しむことができます。

ライトシュニールコットンブランケット ライトシュニールコットンブランケットはこちら
シュニール面・コットン面で2つの肌触り、2つのカラー

シュニ―ルコットン糸とコットン糸を組み合わせた、シュニールコットンブランケットより500グラム軽い肌掛けです。片面はシュニールの柔らかな肌触り、もう片面はコットンのサラサラ感が気持ち良く、その日の温度、体調に合わせて使い分けることができます。

あなたはどのタイプ? 朝までエアコン派

十分に冷えた寝室の夏掛け、シューニールコットンブランケットを。
素肌に触れるシュニールの心地よさが快適睡眠に誘います。

シュニールコットンブランケットはこちらから
タイマー派(眠った後にエアコン運転終了)

シュニールコットンブランケットより500グラム軽いライトシュニールコットンブランケットの夏掛けです。素肌に気持ち良いシュニール面でお使いください。

ライトシュニールコットンブランケットはこちら
自然派(窓をあけて自然の風、扇風機)

ライトシュニールコットンブランケットのコットン面使用が自然派にぴったり。コットンのサラサラ感が涼しさをつくります。

ライトシュニールコットンブランケットはこちら
わたしは「KLIPPANシュニールコットンブランケットの夏掛け」で夏をのりきっています。

シュニールコットンの肌触りは他に代わるものがない気持ち良さ。掛けてよし、敷いてよし。快眠に欠かせない通年使える寝具です。絶対後悔しない逸品と自信をもっておすすめ!

営業部 加藤由布子

営業部 加藤由布子


暑いからエアコンで涼しくしたい。でも冷風が直接当たると寒い。そんな時にコットンブランケットがあると助かります。我が家の洗濯機で洗える、へたらないブランケットは夏の寝具の条件をクリアー。

営業部 並木渓子

営業部 並木渓子