KLIPPAN 2019 Spring/Summer designed by mina perhonen

2013年秋にスタートしたKLIPPAN × mina perhonen コレクションでデビューした デザイン「CHOUCHO」はおかげさまでKLIPPAN 定番となり、今年は7年目を迎えます。

デザイナーの皆川 明さんはCHOUCHO デザインへの思いをこう綴っています。

夢の中で時は自由に空を舞い
過去と未来を往来する。
それが時の楽しみ。
私は眠る。
そのことを知っているから

2014年のKLIPPAN 春夏コレクションでCHOUCHOがデビューしたのは2014年。

これまでオレンジ、ライトブルー、ピンク、ライムグリーンなど春夏らしい明るく爽やかなカラーを発表してきました。

シュニ―ルコットンならではの極上の肌ざわりは、季節を問わず、肌がけ、シーツ、ひざかけ、ソファカバーにと1年を通してお使いいただけます。

今回は皆川さんに秋冬でもソファカバーにぴったりの色をお願いしました。

2019年は、新色「グリーン」が登場!

森の中を白い蝶々が飛ぶイメージのブランケットです。

深みがあるグリーンとホワイトのリバーシブル使い、
季節にあわせてインテリアの変化をお楽しみください。

2019 Spring/Summer CHOUHCO シュニールコットン ブランケット コレクション

昨シーズンからの継続ブルー、グレーとあわせ3色をラインナップ

シングルサイズ グリーン(New)
  グレー(New)
  ブルー

ハーフサイズ グリーン(New)
  グレー
  ブルー

クッションカバー グリーン(New)
  グレー
  ブルー

4月1日 販売スタートをお楽しみに!