KLIPPAN sedan 1879 KLIPPAN INTERIOR FABRIC

長い冬を室内で過ごすことが多い北欧の人々にとって、室内を快適で心地よい空間にすることはとても大切です。1919年、スウェーデンのデザイン協会会長のグレゴル・ポールソンが掲げたスローガン「より美しい日用品を」は、まさに暮らしの中にある製品にもデザイン性を求め、また日本と同じく森林大国スウェーデンならではの素材を活かした生活用具というスタイルが生まれる契機となりました。
ソファやテーブルなど大きな家具は、デザインも品質もよく長く使えるモノを選ぶと価格もぐっと高っくなります。何度も買いかえることができません。
だから北欧では、暮らしの様々なシーンで手頃な価格のテキスタイルを窓辺のカーテン、部屋の仕切り、パネルなどに加工してシンプルな空間に変化をつけて楽しんでいます。

シュニールコットンブランケットはソファのカバリングとして使えば、大切なソファを汗や汚れからも守ってくれ、劣化も防いでくれます。ソファは簡単に洗えないけれど、コットンブランケットなら、汚れても洗濯機にまるごと投入! 一枚のパネル、カーテン、ブランケット、クッションをひとつ変えるだけで室内も自分自身の気持ちもリフレッシュできます!

元気に明るくハッピーに盛り上げてくれるファブリック、心がおちつく優しい色のファブリック・・・
気持ちの変化が大きいからこそ変える楽しみがあります。

シングルサイズ、ハーフサイズは、ソファの上にさっとかけて
素敵なインテリアに。
カバリングとしてソファを汚れから守る役割も。
汚れたら洗濯機で丸洗いしていつでも清潔に使えます。

シュニールコットンブランケットのページへ

新しくKLIPPANテキスタイルに加わった「ストライプス」からクッションカバーが登場。
色違いでとり入れても部屋にリズムが生まれる4色展開。
実は45×45cmサイズ、スロー、ハーフサイズ ウールブランケットを折りたたんで中に収納できるのです。

クッションカバーのページへ

カーテンはもちろん、ファブリックパネルやロールカーテンなど、使い方は
さまざま。大げさにしなくても、上からつるすだけで、お部屋の仕切りにもなります。季節にあわせてデザインを変えるのも楽しみのひとつ。

ファブリックロールのページへ

座面はシュニールコットンブランケットを使用。場所をとることなく、なによりも1900グラムという軽さ!牛乳パック2本分以下、あまりに軽量なので持ち歩きも楽ちん。狭い場所でもOK、スタッキングできるので使っていない時は省スペースといいことづくめです。

スツールのページへ