私がKLIPPANのミニブランケットを選ぶ理由

手を伸ばせばすぐそこにKLIPPANのあたたかなぬくもり

日に日に寒さが増してきました。
今日はオフィスの寒さ対策のひざかけとして人気のKLIPPAN ブランケツトのお話です。エコフォートのオフィスでは、足元の寒さ対策N0.1はKLIPPANのブランケットです。椅子の座面に敷いたり、背もたれに常備して寒くなったら膝にかけたり・・・手の届くところにいつもセットしています。

ウールアイテムの中でも人気はミニブランケット。
コンパクトでお手頃な値段はもちろんのこと、なんといってもデザインのバリエーションの豊富さが、選ぶときも、使う時も楽しい!

ブランケットは、パターンデザインが特徴のジャガード織りのスローやストールと違い、精密な模様が描けるドビー織りで作られています。例えばKLIPPANの定番柄、森のムース、山のヒツジは、ジャガード織りでなければ再現ができないデザインです。

2017年のおススメミニブランケット その他のデザインはこちら

ミニサイズだから、いつもと違う明るい色やポップなデザインに挑戦してみるのもいいですね。また、アウトドアやスポーツ観戦にも、あたたかいウールブランケットは大活躍します。

ミニサイズならば、くるりとまとめてカバンに入れて、コンパクトに持ち運びができます。

専用のギフトBOXに入れることができるので、クリスマスギフトとしてもおすすめです。

人にも動物にも環境にもやさしいKLIPPANのエコウール

KLIPPANはニュージーランド・バンクス半島の放羊農家グループが、世界に先駆けて成功した「エコウール」を採用しています。「エコウール」とは、殺虫剤を極限まで抑え、食用の牧草は抗生物質やケミカルを一切使わずに育てたヒツジかたとれるウールのこと。

実は、世の中に出回っているウールの多くがケミカルまみれのヒツジの毛を使っています。汚れた毛はたくさんの薬品を使って殺菌、消毒され、色が入りやすいように漂白される。薬品にまみれたウールが、子どものアレルギーを引き起こしたり、肌触りのチクチク感につかながったり・・・。

2009年、KLIPPANはBaby&Kidsブランケット全てをエコウールに切り替えました。
高品質と同時に、環境保全にも哲学を持って向き合うKLIPPAN。そのためecomfortで販売しているミニブランケットは、赤ちゃんにも安心して使っていただけます。

何かを選ぶ時「デザインが素敵!」がきっかけになることがほとんどだと思います。 だけど、そうやって選んだモノの背景知ったとき、選んだ自分がちょっとだけ誇らしくなる。私は、そんなモノ選びをしていきたいと思います。

これからクリスマスシーズンがやってきます。
みなさんは大切な人にどんなギフトを贈りますか?