北欧代表デザインの誕生ストーリー 〜ムース&ヒツジ〜

moose (ムース)を、ご存知ですか?
日本名ではヘラジカ、スウェーデンでは森の王様と呼ばれる大きな大きな動物です。大きなムースは、体長3m、肩まで2m重さが800kg、大きな角がはえていて森の中で暮らしていますが、時々道路に現れて、道を塞いだり、車にぶつかったり・・・
そんな森の王様、ムースをベングト・リンドベリが描いたのは今から25年前、1992年のことでした。スウェーデンの文具ブランドに初めてのムースデザインが登場、それから25年・・・
今ではベングトのムースは北欧を大表するアイコンになっています。同じくベングトのsheep(ヒツジ)デザインは1994年、KLIPPANのブランケットにデビュー、以来、KLIPPANとベングト・リンドベリと妻のロッタ・グラーベのコレボレーションが続いています。

ベングト・リンドベリ ムース25周年を祝って今回はecomfortのムース&ヒツジのデザインをご紹介します。

questionムースやヒツジのデザインも、他の動物デザインと同じくSmålandの影響をうけているのですか?


answerはい。デザインそのものは活動拠点のストックホルムで作ったのですが、やはり生まれ育ったSmålandの影響を受けています。私は、Smålandで多くの動物に囲まれて育ちました。隣家は小さな農家でしたし、祖父母も農場を持っていました。さらに、父も趣味程度ですが農場を持っていて、そこには牛や馬、豚、犬がいます。また、家の近くには森があり、ムース(ヘラジカ)やヒツジ、鹿、うさぎ、鳥などたくさんの野生動物が生息していました。
新しいデザインはいつも、そんな周りの環境からインスピレーションを受け、自分がデザインしたものに驚くことがあったり、簡単なスケッチを描くだけで幸せだったり・・・。
だから、ムースやヒツジのデザインの完成までに苦労はなく、とても楽しくデザインしたことを覚えています。


answerSmålandはベングトにとってかけがえのない場所なのですね。


answer身近な場所に自然があるのは素晴らしいことです。今は私が幼少期の頃とは大きくかわってしまいましたが、親戚がムースを狩猟する時期などに、年に1度ほど帰るのは楽しいものです。そのときは、思いっきり秋の森の薫り、紅葉、森の静けさを味わうのです。


answerSmålandにぜひ行ってみたいです!最後にベングトのデザインが日本で展開されていることにコメントをお願いできますか?


answer日本文化の中で私たちのデザインが受け入れられるか心配していましたが気に入ってもらえてとてもうれしいです。


profile BENGT&LOTTA

私たちと「BENGT&LOTTA」との出会い&ロッタグラーベの来日インタビューはこちらからご覧いただけます ロッタインタビュー<その1> ロッタインタビュー<その2>

今回はecomfortで人気のムースとひつじ柄のecomfortアイテムを集めました。11月1日からはecomfort本店でもムース&ひつじ柄を集めたフェアを開催中。お近くにお住まいの方は直接アイテムを見に、お気軽にいらしてくださいね!

KLIPPAN ウールブランケット KLIPPAN シュニールコットンブランケット KLIPPAN スツール その他ムースアイテム その他ヒツジのアイテム