沖縄やちむんと遊ぶ

沖縄の伝統工芸品「やちむん」と
ecomfortのコラボレーションが始まります!

こんにちは!広報担当村上です。
2017年8月中旬のこと。商品部 関 純子(せき じゅんこ)と、営業部 須藤 千絵(すどう ちえ)が沖縄出張に行って参りました!じりじりと太陽が照りつける真夏日。お天気にも恵まれ、南国で観光気分♪・・・はほんの少しに留めつつ、1泊2日で「やちむん」作家さんの工房を巡り、新たな企画の相談へ。

新商品はまだ先のことになりますが、今回は「やちむん」のこと、訪れた工房のことについてご紹介する連載第1弾です!

そもそも「やちむん」って何?

「やちむん」とは、沖縄の職人によって受け継がれてきた民芸品のこと。沖縄の方言で焼き物のことを「やちむん」といいます。その歴史は古く400年以上昔、沖縄が琉球王国と呼ばれていた時代にまでさかのぼります。小さな島国だった琉球王国ですが、中国やタイとの交易を行っている貿易国家でした。そのころ、海外から陶磁器が豊富に持ち込まれ、焼き物の技術が発展したそう。これが「やちむん」のはじまりとされています。

ecomfortとやちむんの出会い

「やちむん」との出会いは今年のはじめ。十鶴さんのデザインのオリジナリティに注目した代表の盒局換膸劼離▲ぅ妊アで、ecomfortの人気商品「e.スポンジワイプ」をぜひこのステキなモチーフでつくってみたい・・・そして、2017年6月に十鶴さんの描くコーヒー豆と落花生がe.スポンジワイプ&ポップアップスポンジとしてデビュー!またたく間に人気になりました。

十鶴さんのe.スポンジワイプはこちら。

落花生 コーヒー豆

「貴重な繋がりをこれだけに留めたくない! ecomfortでやちむんを扱ったっていいじゃないか!」十鶴さんとのコラボレーションで、やちむんに魅了された関は意気込み!新たな繋がりを求め、また、お世話になった十鶴さんにお礼を伝えに、いざ!沖縄へ!

こちらの工房を巡ってきました!

「工房 十鶴(こうぼう じっかく)」

柄溝康助(からみぞこうすけ)さん、柄溝聖子(からみぞしょうこ)さん夫婦によるユニット。2009年に沖縄県読谷村に工房十鶴を開業しました。ほのぼのとしたポエティックな絵柄が人気のやちむん作家です。読谷山焼北窯で同時期に修業をされていたお二人は、独立する際に聖子さんのご実家で工房を開き、人生をともにすることを決めたそう。

<工房を訪れて/関>
夫婦の絆を感じる工房でした。やちむんは食器としてだけでなく、鉢としても使ってらっしゃって、工房の中は植物でいっぱい!e.スポンジワイプでとコラボをした人気のコーヒー柄は、ご友人の一言が誕生のきっかけだとか。詳しくは第2弾にて!

「一翠窯(いっすいがま)」

高畑伸也(たかはた しんや)さんが構える工房。兵庫県尼崎市生まれの高畑さんはインド・ネパール・東南アジアを放浪した後に立ち寄った沖縄に魅了され移住。読谷村金城敏男窯で研鑽を積んだのち、05年読谷村瀬名波にて独立されました。

一翠窯(http://www.touki.biz/)

<工房を訪れて/須藤>
お話を伺って、ご自身のスタイルを貫いてらっしゃると感じました。ご本人いわく、シャイなんだそうですが、本土や海外での個展を積極的にされるなど、活動範囲はとても広く行動的。ecomfortとの新商品開発も積極的にお話いただき、どんなアイテムが誕生するか今からとても楽しみです。

「工房 双子堂(こうぼう ふたごどう)」

双子堂は工房の名前通り、双子の姉妹で営む工房です。お姉さんで陶芸家のあやさんが成形や色付けを、妹さんで画家のいくさんが、イラストや絵付けを担当しています。カラフルな色使い、自然や日常で出会う風景、お花や鳥などをモチーフに描かれたやちむんは、食卓を華やかにしてくれそうです。

工房 双子堂(http://futagodou.ti-da.net/)

<工房を訪れて/須藤>
大阪出身のあやさんは、子育てや趣味のダイビングをしながら、制作を行っています。ご自宅兼工房の食器棚には、さまざまな作家さんのやちむんが所狭しと並び、「沖縄がとにかく大好き」という思いが、あやさんの生活すべてから伝わってきました。

それぞれの工房については、第2段でご紹介致します!

沖縄の風土に魅了された関と須藤、出張をおえて

関「作家さんと直接会えるなんて、時間はタイトだったけど贅沢な出張だったねー。」

須藤「そうですね。みなさんあたたかく迎えてくださって、沖縄の空気、自然、食べ物、すべてが人柄にあらわれているなーって感じました」

関「わかる!訪問時間が押しそうな時もさ、気をつけてくるんだよーって。心があたたまるよね。それから、実際に話しを聞いてみると、それぞれやちむんとの出会い方が違うんだよね」

須藤「やちむんに惚れて!だけじゃなくて、沖縄の風土自体も好きだったり、移住がきっかけだったりね。工房に伺うことで、ライフスタイルなんかも垣間見れてとても楽しかったです!」

関「やちむんって食器ってイメージだったけど、十鶴さんの工房では鉢や一輪挿しにしてたりして!電気の傘も思い出すとやちむんだった気がする。」

須藤「そう、自由でした!沖縄の風土がそうさせるんですかねー。これはぜひ、やちむんについてもっと知っていただかなくては。イベントも盛り上げなくちゃ!」

関「うん!作家さんのことも紹介しなくちゃね!」

・・・・・・イベント!?

「沖縄やちむんと遊ぶ」
LOFT(渋谷・銀座)×ecomfortのフェア開催決定!

詳細は各ロフトのイベントコーナーよりご確認ください
渋谷ロフト(https://www.loft.co.jp/shop_list/detail.php?shop_id=189)
銀座ロフト(http://www.loft.co.jp/shop_list/detail.php?shop_id=407)