Ska vi fika? お茶しませんか?

10月1日はコーヒーの日ってご存知でしたか?

この時期はコーヒー豆の収穫が終わり、新たにコーヒー作りがはじまることから、全日本コーヒー教会によって制定されました。

ヒンヤリとした夕暮れどき、ブランケットをまとってあたたかいコーヒーを飲みながら、読書をしたり音楽に耳を傾けたりする贅沢な時間。私は、秋になるとそんな時間を過ごしたくなるので、コーヒーの日って、イメージどおりだなあと思いますが、みなさんはいかがですか?

北欧ではお茶といえばコーヒーで、Fika(フィーカ)と呼ばれるお茶タイムを日常的に楽しみます。Fikaは単なるコーヒーブレイクではありません。それは家族、友人など大切な人と時間を共有しコミュニケーションをとる時間。昔から受け継がれている北欧独自の文化です。誰でも気軽に誘って甘いお菓子と一緒にコーヒーを楽みます。

ecomfort北欧のパートナー企業、老舗テキスタイルメーカーのKLIPPAN社やデュベメーカーのDykon社には社内にFikaコーナーが当たり前にあります。オンオフをしっかりと切り替えて集中して仕事にのぞむため、こうしたコミュニケーションや一息付く時間を大切にしています。集中して仕事を早く切り上げれば、夕方は16時から家族団欒の時間。ここでもコーヒーは欠かせません。

KLIPPAN社のFikaコーナー

テーブルにはキャンドルやペーパーナプキンも置かれています。
キッチンがすぐそばにあるので、熱々のコーヒーをその場でいただけます。

Dykon社のキッチンとおやつの手作りケーキ

Dykon社オフィスには、コーヒーやちょっとしたお菓子のほか、
ぶどうやリンゴなどのくだものもありました。

ecomfortのFikaコーナー

お立ち寄りいただいた方には季節に合わせたお茶をお出ししています。夏は静岡のオクミドリやスウェーデンの紅茶「サマーハウス」をアイスで、秋冬はあたたかい飲み物を用意しています。

また、お店だけでなく社内でも、毎月1回の全員参加会議の合間に、
Fikaタイムを設けています。

家事や仕事をしているとついそればっかりになりがちですが、一息つくことも集中力を高め、新しいアイディアを練るためには必要なこと。そして、家族や友人との時間を楽しむことで、きっと自分自身が満たされていきます。コーヒーの日をきっかけにSka vi Fika?(お茶しませんか?)と気軽に声をかけてみませんか? 10月からは店舗のおもてなしに、先日スウェーデン出張で購入したコーヒーを用意する予定です!オーソドックスなブレンドコーヒーと、フルーティーなフレーバー2種を用意したので、どちらが登場するかはその日のお楽しみに♪

最後に、ecomfortにあるコーヒータイムを楽しむアイテムを集めてみました!

ecomfortのコーヒー関連アイテム

使い捨てないエコなアイテム。洗って繰り返し使えるので、ペーパーフィルターの使い捨てをなくします。4〜5杯用です。

1000回使える
コーヒーフィルター
ミルカフェ ¥700

沖縄の人気やちむん工房「十鶴」デザインのコーヒー豆。コーヒータイムに一緒に使ったらステキです。おしぼりやコースター使いも◎。

e.スポンジワイプ Sサイズ
「十鶴」コーヒー豆 ¥550


同じくこちらも「十鶴」デザインのコーヒー豆 水きり。キッチンにあったらおしゃれですね。コーヒーミルの下に敷いて豆を引くときのすべり止めにも使えます。

e.スポンジワイプ 水切り
「十鶴」コーヒー豆 ¥650

沖縄の人気やちむん工房「十鶴」デザインのコーヒー豆 e.ポップアップスポンジ。コーヒーグッズ専用スポンジとして使うのもいいかも知れません。

e.ポップアップスポンジ
「十鶴」コーヒー豆 ¥300


シミはついたその場で消すのが一番効果的。外出先でも手軽にシミとりができます!コーヒーのシミともその場でアッという間にさよなら。

Dr.Beckmann
ステインペン ¥550

薄手の素材やおしゃれ着にシミがついてもローラーヘッドで生地を傷めずシミとりができます。大きなコーヒーのシミにも便利!

Dr.Beckmann
ステインローラー
おしゃれ着・ドライ用 ¥750


一年前のシミにも効果のあるシミとり剤です。頑固なコーヒーのシミもこれですっきり!そのほか、赤ワインや果汁、紅茶など色素系のシミに対応。

Dr.Beckmann
ステインデビルス
コーヒー/赤ワイン用 ¥500


ホッと一息コーヒー豆知識

コーヒーを一番消費する国を調べてみると第1位はルクセンブルク。1人の年間2844杯 飲みます。1日すると7.79杯。日本は年間 340杯で第29位。1日あたり0.9杯ですから、 日本人の8倍コーヒーを飲んでいます。 TOP10には、フィンランド、デンマーク、ノル ウェー、スウェーデン、北欧の国が名を 連ねています。コーヒーは北欧に欠かせない飲み物なんですね。