ブランケットの使い分けどうしてる? 社員の寝具事情を調査
ベッドルームは十人十色。ブランケットを自由に使ってみませんか?

KLIPPANのブランケット、お布団の上にかける派?下に敷く派?
スタッフのお気に入りを調べてみました。

KLIPPANのブランケットは、ウールブランケット、スロー、シュニールコットンブランケット、ライトコットンブランケットと大きく4種あります。
ecomfortで接客をしていると、お家のインテリアに合わせて好きなデザインを選ばれる方がほとんどなので、お話しながらわりとスムーズに好きな柄が決まります。一方で、素材についてはどれにするか悩まれる方が多く、特に寝具での使い分けについてよく質問をいただきます。確かに私も最初はダウンの上にスローをかけるかウールブランケットにするか、はたまた下に敷くかなど、いろいろと悩んだものです。

そこで、KLIPPANの日本総輸入元ecomfortで社員の寝具事情を調査!
どんな風に使い分けているか聞いてみました。
身体をサンドしているのはウール?コットン?

イーオクト社員30人アンケート!「ブランケットの寝具使いについて教えてください!」

■身体の上にかける寝具の組み合わせ
No.1 スローorウール⇒ダウン⇒身体 12人
No.2 スローorウール⇒ダウン⇒シュニールコットン⇒身体 8人
No.3 スローorウール⇒ダウン⇒ウールブランケット⇒身体 4人

■身体の下に敷く寝具の組み合わせ
No.1 身体⇒シーツ 7人
No.2 身体⇒シュニールコットン⇒シーツ 6人
No.3 身体⇒ウール 2人

■トータル的に一番多かった解答
No.1 スローorウール⇒ダウン⇒身体⇒シーツ


社員のコメントをご紹介!

商品部 河合歓並
(ウールorスロー⇒ダウン⇒身体⇒シュニールコットン⇒シーツ)

「普段はシーツ代わりにシュニールコットンブランケット、肌にコットンが触れるのが好きで、上に布団、ウールブランケットですが、ちょうどコットンブランケットを洗っていて、かわりにウールブランケットを使ってみると、とてもあたたかく、保温がきちっとされて熱が逃げない感覚を実感しました」


商品部 菅野亜香
(ダウン⇒身体⇒ウール⇒シーツ)

「ベッドに入ったときのヒヤッと感がイヤで、ウールブランケットを下に敷いて羽毛布団をかけています」


営業部 池内いずみ
(ウールブランケット⇒ダウン⇒身体⇒シーツ)

「寒いときは羽毛布団の上にウールブランケットをかけます。私はサラサラのコットン素材が好きなので下はシーツですが、子どもにはシーツ代わりにシュニールコットンを使っています。汗をかいても洗えて便利です」


営業部 間宮菜々子
(スロー⇒ダウン⇒ウール⇒身体⇒ウールハーフ⇒シュニールコットン)

「シーツ代わりにシュニールコットンブランケット、ウールのハーフブランケットを敷いて、毛布、羽毛布団 スローをかけて寝ています。下にウールブランケットを敷いて寝たらとても温かいです!」


社員それぞれの実感を元にスローとブランケットの特徴をまとめました!

ウール/

  • ・分厚い層が冷気をシャットアウト、熱を逃しません
  • ・羊毛の湿度コントロールが秀逸
  • ・3重織りで、極寒時でも安心のあたたかさ
    (約1350g/シングルサイズ)

スロー/

  • ・体にまとう程よいフィット感を味わえる
  • ・羊毛の湿度コントロールが秀逸
  • ・2層織りで、薄くて軽いのに空気を含んであたたかい
    (約1000g/シングルサイズ)

シュニールコットン/


ライトコットン/


いかがでしたでしょうか。
あたたかくなってきたので、私はそろそろウールの代わりに
ライトコットンブランケットを出そうかと思います。

KLIPPANはウールもコットンも100%天然素材!
身体の温度の合わせた湿度を保ってくれるのもうれしいですね!
みなさんもいろいろと試して快適な眠りを味わってくださいね。