ecomfortワークショップ 一田憲子さんの「暮らしのおへそ塾」

「暮らしのおへそ」は、一年に2回発行される雑誌です。
いまから11年前に編集ディレクターの一田憲子さんが企画を立ち上げて主婦と生活社から出版されました。毎年2回、11年間ずっと続いて全国に愛読者をもつメディアです。
「おへそ」とはその人だけが持つ習慣(=おへそ)をテーマに、毎回10人前後の方たちの暮らしや仕事について、一田さんが取材、紹介しています。私たちはvol.21(2016/1/30発売)にイーオクト(株)代表 高橋百合子が取材を受けたことをきっかけに、「おへそが明日をつくる」という考えを知り、そして共感しました。そこで、ecomfortと繋がっているみなさまにも私たちといっしょに自分の「おへそ=習慣」探しをしていただきたいと思い、「おへそ塾」を一田さんにお願いしました。
「おへそ塾」は一田さんからの「あなたのおへそは何ですか?」の問いから始まります。「私のおへそ」って何だろう?と考え、それを自分の言葉で語ることで無意識だった「おへそ」にきっと気づくはず。今までの参加者のみなさんは「自分」を掘り下げるひとときだったと大満足、新しいつながりもできているそうです。
「人みしりだし・・・」「うまくしゃべられるかな…」なんて不安のある人も、思い切って参加してみると、ほかの人の話に共感したり、真似したい「おへそ」に出会えたりしながら、自然とおしゃべりできてしまうそうですよ。 終わり頃には、不思議とすっきりとした気持ちになっているのが「おへそ塾」のすごいところ。おいしいスウェーデンのコーヒーとスィーツのフィーカ(スウェーデン語でおやつタイム)をしながら表参道ecomfortで新年のひとときをご一緒しませんか?

イーオクト代表 盒局換膸劼痢屬へそ」と、イーオクトがおすすめする「ナチュラルクリーニング」についてご紹介いただき、おかげさまでたくさんの反響をいただきました。『暮らしの おへそ』(左)と、暮らしのおへそ別冊『暮らしを、みがく』(右)どちらも主婦と生活社より好評発売中。

profile access